2010年04月09日

高速道路上限割引 来週にも正式発表(レスポンス)

利用者の関心が高い高速道路の割引について、前原国交相は来週にも発表するという。

「4月上旬にお示しをすると申し上げてきたので、準備が整えば発表させていただきます。しばらくお待ちください」

高速道路無料化に向けた料金制度改革は2種類ある。ひとつは2月に発表された通行料金をゼロ円にする無料化路線の選定。もうひとつは距離別料金に上限をつけた上限割引などの割引制度だ。

自民党政権ではETCを活用した割引を推進したが、民主党政権下で前原国交相は、現金利用者でも割引が可能な簡単な割引制度を計画する。そのため3月もピークオフピークの時間帯割引を廃止したばかりだ。

来週にも公表される割引制度のポイントは2つある。ひとつは車種別の上限割引がどうなるか。もうひとつはエコカー割引にどう対応するかである。

この割引制度の発表で、2010年度の高速道路の料金制度については決着する。民主党がマニフェストで掲げる高速道路の段階的無料化の行方については、今年12月までに「高速道路のあり方」として考えを取りまとめたものを発表する予定。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
高速道路無料化 とまどう高速道路会社
国交相、高速割引廃止の理由は「効果が小さい」
ETCセットアップが3700万台を突破
国土交通省 特別編集
民主党 特別編集

国会議員「仕分け人」8人を発表=社民も参加−第2弾(時事通信)
世界一参加者の多いかくれんぼ、ギネス認定(読売新聞)
【風を読む】論説委員・松村雅之 理解しがたい異例会見(産経新聞)
雑記帳 笑いで街を活性化…落語家が街頭でPR 大阪(毎日新聞)
介護福祉士国試、合格者7万人超で過去最高―2回連続減から一転(医療介護CBニュース)
posted by ウエダ カズヒロ at 04:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。