2010年04月03日

大イチョウから無数の芽=「大切にしたい」−鶴岡八幡宮(時事通信)

 強風などで先月10日に倒れた鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)の大イチョウの根があった部分から、新芽が出ていることが1日までに、確認された。芽は1センチ以下の長さだが、無数に芽吹いているという。同八幡宮が数日前から確認し、1日発表した。同八幡宮は「大切に育てていきたい」としている。
 鶴岡八幡宮は先月、大イチョウの根元部分を石段脇に植え直し、同月18日には、根があった部分の再生も含め祈願祭を実施。境内に設置された記帳所では同月17日以降、約2万5000人が回復を願い記帳した。植え直した根元部分からは芽は出ていないという。 

【関連ニュース】
大イチョウの再生祈願=1000人集まり神事
大イチョウ、植え直し成功=再生へ向け一歩
大イチョウの「回復不可能」=鶴岡八幡宮、資料保存も
鶴岡八幡宮の大イチョウ倒れる=「実朝暗殺の舞台」、樹齢1000年

<雑記帳>豚料理ナンバーワン…前橋で「T−1グランプリ」(毎日新聞)
政治とカネなどで集中審議を要求へ 野党3党国対委員長(産経新聞)
政党機関紙配布 旧社保庁職員に逆転無罪 東京高裁判決(毎日新聞)
あくまで国外、社民・福島氏「全力」(産経新聞)
小学教科書検定 算数、理科を文系教員にも優しく(産経新聞)
posted by ウエダ カズヒロ at 00:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。